仕手株は違法ではないのか?
仕手株に悩む男性

今や仕手株は違法であるという風潮が一般化しつつあります。しかし仕手株は決して違法な取引方法ではありません。悪評により仕手株のイメージが悪くならないためにも、仕手に関する正しい知識を身に付けてほしいと思っております。

三井高島屋やクボタは仕手株になりにくい

三井高島屋、クボタといった企業は非常に規模が大きく株式投資をする際にも魅力のあるものとなっています。
三井高島屋は身近なところで関わりがあり馴染みのある企業でもありますし、クボタも農業機械の大手となっています。
そのため、投資を始めようとした時には三井高島屋、クボタといった大きな企業に投資をしてみるのが良いでしょう。

逆に絶対に避けたいのは仕手株と呼ばれるものであり、これは企業として価値が無いような銘柄が選ばれて人為的に株価が操作されるもののことを指します。
仕手株を手掛けるグループは巧みに株価を上下させて株価を釣り上げたところで、それに飛びついてくる投資家たちに仕込んでいた株を売りつけることで利益を上げるため、不可解な値動きをしている銘柄に手を出すとボロ株を高値で買わされてしまうことになるのです。
投資に慣れている人であれば仕手株であることをわかって、タイミングよく参加をして利益を狙おうとする人もいますがこれはハイリスク・ハイリターンの取引となり、投資というよりはギャンブルに近い性質のものとなってしまいます。
仕手株に選ばれるのは企業としての価値が低い銘柄が選ばれやすいので、三井系であったり高島屋のように全国展開をしている規模も大きな百貨店、農業機械で国内トップのクボタのような規模の大きな銘柄というのは仕手株になりにくいものとなっています。
これらの銘柄は規模が大きいことから、株価を操作しようとしてもうまく操作をすることができずに逆に操作をしようとしているグループの側が潰れてしまうことになるので、仕手株にはなりにくいのです。
そのため、安定した投資をするのであれば三井や高島屋、クボタなどが適しているということになります。