仕手株は違法ではないのか?

今や仕手株は違法であるという風潮が一般化しつつあります。しかし仕手株は決して違法な取引方法ではありません。悪評により仕手株のイメージが悪くならないためにも、仕手に関する正しい知識を身に付けてほしいと思っております。

仕手株の違法性と見せ板について

仕手株とは、企業の好調などの業績による裏付けなく仕手集団が大量の株を買い付けたり、あるいは売り浴びせることによって株価の乱高下を生じさせて利益を得る株をさします。そのゆえに仕手株には、その価格を支配する仕手集団の思惑は大きく反映しているつまりはこれらの集団のシナリオのとおりに事態が動く状況になります。こうした手法は、株価操作と同じでよくあるのが見せ板というものです。見せ板とは、実際には取引をする意図もないのに大量の買い付けの注文をだして、売り注文が不足しているように装って株価を釣り上げて、そして株価が上がったところで、先に買い集めた株を売り抜けるものやこれとは逆に、売る意思がないのに大量の売り注文を出して、株価を下落させて又はそれ以上株価を上げさせないように蓋をするようにして株価を操作して、他の投資家があきらめて安値で手放したものをこまかく買い集めていく方法などがあります。どの方法も正常な株取引を阻害しており、株価操作である以上たいへん違法性が高いです。いずれにしても仕手株では見せ板のような株価操作の取引が多く見られる事が多いです。こういう理由から株はいま仕手株化しているかどうかの目安にはなりますが、仕手株は確かに上手く購入して機をみて売り抜けると相当な利益になりますが、その購入価格を決めて取引に入るのが難しく、間違ったところで購入すると思わね高値掴みになり、大きな損失を被ります。見せ板が繰り返されるということは、健全な取引の状態でない以上リスクが大きいので取引には参加しないほうがいいと思われます。もはやこの状況では投資でなく投機つまりはギャンブルの要素のつよいものといえるからです。